にじいろふうせん

バルーンアート活動のいろいろを書いています。

バルーンアートの作り方〜ひねり方:ワープ編

バルーンアートの基本のひねり方、最後のテクニックはワープ。

風船はどうしても一筆書きにしか作っていけませんが、それを解消するための方法です。

何を作るにも空気量を加減できた方が作りやすくなります。ワープのテクニックは、風船の中の空気を動かすやり方なので、バルーンアート作りにめちゃくちゃ役に立ちます。

ワープ(Warp

バルーンアートのワープ

作り方①ロックツイストを作る

ワープの土台として使うものは色々あると思いますが、今回はロックツイストをワープするやり方として説明します。

詳しいやり方はロックツイストのやり方の記事をご覧ください。

作り方②風船の中の空気をなくす

バルーンアートのワープ

手全体を使って風船を握り、ぺたんこにつぶしてゴム状にします。

つぶした部分から手を離すと空気が戻ってきてしまうので、つぶしたまま手を後ろに動かしていくのがコツです。

ゆるく引っ張ってロックツイスト(ワープする土台)と同じくらいの長さになるまでつぶします。(ピンピンに引っ張って届く長さだと、外れやすいです)

作り方③つぶしてゴム状になった風船を隠す

バルーンアートのワープ

つぶした風船の先端をロックツイスト(ワープする土台)のひねり目にはめ込みます。

2〜3回回して、空気が戻らないようにしておきましょう。

ゴム状につぶした風船はロックツイスト(ワープする土台)の間に押し込んで隠しておきます。

これで一応、ワープは完成です。

バルーンアートのワープ

端を挟んで止めているだけなので、何もしていないと簡単にはずれちゃうんです。
(実は動画撮影中にはずれちゃったNGテイクがありました…)

作品の中で使っていくためには、ほどけなくする対策が必要です。

1個目の方法です。写真だと分かりづらいと思いますが、切れ端にロックツイストのひねり目とワープの終わりの部分を巻き込んで結んでいます。

バルーンアートのワープ

2個目の方法はピンチツイストを作るやり方です。
ピンチツイストを作るだけだと、写真右側のように、引っ張ると取れてしまいます。

ほどけなくするためには、面倒でも、ひねり目を一周くぐらせないといけません。

バルーンアートのワープ

写真で私がやってるみたいに無理に引っ張ったり、よっぽど乱暴に扱うこともなければ、ピンチツイストを作るだけでも止まるとは思うんですけどね😅念のため、でおすすめします。

私自身は、作品そのもので使うよりも、作品を考えてるときに重宝しています。

バルーンアートのワープ

迷いながらひねり進めてると、こっち側にもうちょっと足すべきだった!なんてことはしょっちゅう。
試作品はワープだらけ、なんてこともありました。

中の空気量を自在に操れるようになると、風船が割れにくくできたり、サイズの加減もできるようになります。

意外なところで役立つワープ、練習してみてください。

アイディアの教科書

日常生活なら、いかに効率良く朝の準備を終えるか。

仕事なら、いかにお客さんが使いやすい製品を届けられるか。

バルーンアートのことなら、新しい作品作り・新しいパフォーマンスを作ろうとしてるとき、どうしたらいいアイディアが出せるかと考えます。

その、アイディアの出し方なんて本あるんかなー?と思ってたら、ありました。

2005年発行でしたが、内容が古いなんてことは全くない。

どころか、絵本のような素敵な装丁は、それだけで思考をくすぐられる気がしました。

ちなみに、本の中では“アイデア”となっていますが、私自身が“アイディア”じゃないと気持ち悪い😅ので、表記ずれはご勘弁を。

新しいアイディアというのは既存のアイディアの掛け合わせで、本当に新しいもの、というのはほぼ存在しないと書かれてました。

1つのアイデアは、定義上は単数ですが、複数の古いアイデアが合成してできたものでもあります。既存のアイデアの合成ではないものは、ほとんどありません。いや、存在しないのではないでしょうか。〜20ページより

私は全てのものをすぐリセットさせたくなる性分なんです。うまくいかなかったら全部捨てて、また1からやり直したい。

けど、既存のアイディアが新しいアイディアの元になってるんだとすると、今あるものを大事に扱わないといけないなと反省。

別の使い方を考える、何かひとつだけ入れ替えてみる、できないことをあえてやってみる。

捨ててしまったアイディアに改めて向き合う方法もたくさん紹介されてます。

2冊目のこちらは、子どもの発想からアイディアの出し方を学びましょうという感じ。

昔の自分を振り返ってこんなときもあったのに…って残念になる。

誰にでも経験あると思うけど、学校なり家なりで“こうしなければならない”を教え込まれてしまうから、自由な発想ってなくなっていくのよね。

その、一度入り込んでしまった殻を破るための本、ですね。

『当たり前』とか『常識的に考えて』とかは捨てて、誰かに笑われるかもしれない、誰にも理解してもらえないかもしれないアイディアも“一つの正解”として持っておけばいい。(わざわざ披露してバカにされる必要はないけど)

私は普段、子どもと接する機会はありませんが(パフォーマンスを見てもらうことはあっても、ガッツリ喋ることはありませんからねー)、素直にぽろっ、とこぼす一言に学ぶ機会はありそう。

レジで並んでるとき、レストランで隣り合った家族に子どもがいたら聞き耳たてちゃお😁

バルーンアートの作り方〜ひねり方:バブルロールスロー編

バルーンアートの基本テクニック、バブルロールスローについてです。

ロックツイストにもう一本組み合わせるだけなので、テクニックの一つとして紹介するほどのものじゃないかもですが😅一応ね。

単純に風船同士の摩擦を減らすやり方の練習にもなると思います。

バブルロールスロー(Bubble Roll  Throw)

バルーンアートのバブルロールスロー

作り方①ロックツイストを作る

1組のロックツイストにもう一本楕円形を組み合わせる技法なので、最初に作るのはロックツイストです。

詳しいやり方はロックツイストのやり方の記事をご覧ください。

作り方②組み合わせる楕円形を作る

バルーンアートのバブルロールスロー

作るものによって長さは決まると思いますが、今回は同じ長さで説明していきます。(ロックツイストより長いと通しにくいです。)

ひねり目をロックツイストの真ん中のひねり目に近づけておきます。

作り方③ロールさせて通す

ロックツイストをローラーのように使い、3個目の楕円形を押し込んでいきます。

バルーンアートのバブルロールスロー

中指・薬指・小指の3本でローラーを回し、親指で3個目の楕円形を押し込むのが私の手の形です。(やりやすい方法は個々で変わると思います)

人差し指は持つ・押さえる・固定する・回すなど、必要な動きのすべてをその都度行っています。
親指は適宜、ひねり目を押さえることもあります。

ロックツイストの楕円形を両方とも同時に動かすようにしましょう。片方だけ回すと、ひねり目がほどけることがあります。

文字で読むとややこしそうですが、実際にやってみるとなんてことないと思いますよ😄

作り方④ひねり目を噛み合わせる

バブルロールスロー

3個目の楕円形とロックツイストの両端のひねり目が噛み合うところまで押し込めたら、バブルロールスローの完成です。

ロックツイストをうまくローラーとして扱えると、勝手に押し出される感じになります。

ちなみに、4本・5本と組み合わせていくときはバブルロールスローでは作りません。

バルーンアートのバブルロールスロー

ポイントとしては、とにかくロックツイストをうまく使うこと。コレに尽きます。

押し込むだけだとやりづらいだけでなく、摩擦で割れることもあるんです。

バブルロールスローの形じゃなくても、隣り合った風船を回しながら組み合わせることは、よくやります。
風船だから割れてしまうのは仕方ないとして、ちょっとでも割れにくくできる方法は覚えて損はないですよね。

割れにくくする方法のひとつとして、練習してみてください♪

自分を自分のままで受けとめる

何があってもすぐ、何もかも自分のせいだと思って謝る。どんなに相手を責めたてたいことがあっても。
対面すると喉にフタがしまったみたいに何も言えなくなって、結局家に帰って泣くだけ。

自己肯定感なんて、そもそも持ち合わせてないよなぁ…私。

自己肯定感を高めようなんて思わなくていい。〜略〜あなたに必要なのは、自己肯定感よりも「自己納得感」です。〜14ページより

卑屈になる原因を“メンタルノイズ”と表現し、そのノイズをキャンセルできるようになりましょう、というのがこの本の骨子。

おぉ、表現がイマドキっぽい。

できない自分を責めるのではなく、なぜそうできないのか、まず根本的なノイズに気づくことが大事。

本当は自分が望んでもいないことをやろうとしてるのかもしれない。今までの人生で植え付けられた価値観に振り回されてるだけかもしれない。

人間の行動は、90%以上が無意識に行われているとされています。〜略〜メンタルノイズもいつの間にか発動して、あなたが意識していない行動を勝手に起こしてしまうんです。〜36ページより

私ってなんて意思が弱いんだろう…と落ち込むなかれ。無意識の方が圧倒的に強いんだそうです。

もうひとつ、無意識と意識の間に“潜在意識”はあるらしい。

そこに、成長する過程で培ってきたものが溜まって、ノイズになる=自己肯定感と関わりが深くなる。

例えば私の場合、学生時代の12年間、太ってたことでいじめられてきたので、太ってる=醜い、という思い込みがあります。
でも、実際は多少ふくよかな方が健康的に長生きできる、ということはよく言われてますね。
痩せるために頑張ると、大好きなスイーツが食べられません。

体重ピーク時は心臓に負担かかってたけど、今は健康診断で引っかかる項目ゼロ。

何十年とダイエットしてきて痩せられない自分をダメなヤツと責める前に、痩せることは本当に必要なことなのか、と考えるべきってことなんですね。

やろうと思えば、キツくて値段の高いパーソナルトレーニングとかで痩せれるのに、実際はそうしてないんだから。何か、ノイズがあるはず。

このノイズは消えてなくなることはないどころか、生きてると増えていくものなんですって。
だから、ノイズに邪魔されないように、何がノイズになってるか気づくこと、が最初の一歩。

完璧を目指すあまり何もかもに恐怖心を抱き、全ての行動に自信がない。

それは、「ダメ出しノイズ」に邪魔されてるだけのこと。

すぐに他人と比べて自分って何もできてないなぁ…と落ち込むのは、「ありのままの自分封印ノイズ」が悪さしてる。

ノイズのタイプは14種類に分別されてて、自分が悩まされてるのはコレかな?と選べるのも頭の中の整理に一役買ってくれました。

とか言って、ほぼ全タイプのノイズにやられてるんですけどね……まぁ、まずは気づけたことを喜ぼう。

自分のありのままに生きることは、自分のダメなところも認めてあげるということです。ダメだから許さないなんて、思う必要はないんです。〜216ページより

自分の人生なんだから、自分のために、自分のままで楽しんでいこう。

私は、私以上でも私以外でもない。無理に私じゃないものを目指さなくてもいい。

少しだけ、肩の力が抜けた気がします。

こういうことって読んだ直後は覚えてられるんだけど、ノイズまみれになると吹き飛んじゃう。
必要なときに読み返せるよう、せめてこういう本があったことは覚えておきたいと思います。

バルーンアートの作り方〜ひねり方:チューリップツイスト編

バルーンアートの基本テクニック、チューリップツイストについてです。

作ったあと押さえになるものがないと簡単にほどけてしまうんですが、生き物のツノなんかに使ってる人が多い技法。
使い道は多そうです。

長く作るのをロングチューリップと呼ぶそうですが、ワタクシ、これがとっても苦手😅。
上手に作れる方がいらしたら、むしろ教えてください!w

チューリップツイスト(Tulip Twist)

バルーンアートのチューリップツイスト

作り方①風船の口を押し込む

風船の口を、結び目の周りのゴムも巻き込むようなつもりで中に押し込みます。
指が抜けにくくなるのを防ぐためです。

爪を切り立てのときや伸びているは、特に気をつけてください。風船の中に指先を入れるので言わずもがなですが(笑)割れちゃいますよ。

必ず真っ直ぐ入れることを意識してください。指を曲げてしまうと、歪んだチューリップツイストになってしまいます。

バルーンアートのチューリップツイスト

作り方②外から風船の口をつまみ、指を抜く

結び目ごと風船の口を外からつまみます。
つまむときも、風船と指を真っ直ぐのまま行います。

手を離して最初からやり直すと、ゴムが弱ってやりにくくなります。
一度で完成できるように、しっかりつまんだままにしてください。

風船の中に入れた指を引き抜くときも真っ直ぐ引き抜きます。
このとき指が左右に動くと、形が歪むだけでなく、爪が当たって割れることがあります。

何をするにもとにかく真っ直ぐを意識しましょう。

バルーンアートのチューリップツイスト

作り方③口を巻き込んでひねる

写真の左手側に風船の口と結び目が入っている状態です。

風船の口をつまんだ部分を支点に、左右の手を反対方向へ回してひねり目を作ります。3〜4回回して手を離すと、チューリップツイストができます。

が。

バルーンアートのチューリップツイスト

最初にも書いた通り、このままだととてもほどけやすいです。

お尻側の空気を押し上げ、ひねり目に圧をかけるようにします。

それでもひねり目と空気圧でかろうじて止まっている、という感じです。
ほどけなくするためには、さらに、結ぶかピンチツイストで押さえる必要があります。

作り方④ひねり目を固定する

ほどけなくする方法①風船の切れ端などをひねり目の部分に結びます。

バルーンアートのチューリップツイスト

ほどけなくする方法②ひねり目にピンチツイストを作ります。

見本としてピンチツイストを2個作っているのは、チューリップツイストを真っ直ぐに向けるためです。
固定するためだけなら、1個で大丈夫。

方法は使い方によって変わると思います。

バルーンアートのワニ

先日、バルーンアート教室で作ったワニでは、鼻の部分にチューリップツイストを使っています。

ブタさんの鼻に使ってる方もいるようでした。

正面から見て穴に見せたい部分で活用してみてください。

24時間戦った日

2022年7月16日(土)、およそ2年半ぶりに勝川弘法市に参戦してきました‼️

もう2度と出られないかと思ってたよ〜(泣)←色々あったんです…

宵市だったので、家に帰るまでが大変過ぎて、先にそのことを書いておきたいと思います。

4:30 起床(大阪)

↓一般道で移動

9:45 リーフウォーク稲沢着(愛知県稲沢市

10:30〜11:45 バルーンアート教室

車中でバルーン仕込み

13:00〜14:00 ミスドでお昼ごはん&ブログ執筆

↓移動

15:00 勝川着(愛知県春日井市

16:00 勝川弘法宵市参加

18:20〜50 雨の中パフォーマンス

(道具や袋類の半分ほどが水没。片付けに手間取る…)

20:50 弘法市片付けお手伝い

↓一般道で移動

23:50 満殿の湯 入館(三重県四日市市

満殿の湯

25:00 満殿の湯 閉館(温泉施設で蛍の光聞いたの初めて…)

↓引き続き一般道で移動

1:30 名阪国道三重県亀山市

1:50 強めの降雨スタート(三重県伊賀市

2:00 大雨により時速60kmに減速

2:06 反対車線のトラックの水しぶきに視界を奪われる

2:10 雨が止む(奈良県山添村

2:15 山村美紗サスペンス赤い霊柩車(好きなんですw)放送スタートで興奮するも、開始2分で放送エリア外に(泣)

再び降雨😭

2:22 針到着 給油&トイレ休憩(奈良県奈良市

2:50 名阪国道終わり

3:30 コンビニなど、休憩できるスペースが全くないところで睡魔に襲われ始める

若干記憶を飛ばしつつ(←危ない)あおられつつ(イマドキ?!)3:45 セブンで仮眠

4:25 起床

前日に起きた時間までには帰れると思ってたのに、間に合いませんでした😅

4:50 帰宅〜濡れた道具選別(←寝ろ)

5:15 洗濯機回す(←寝なさいよw)

6:00 洗濯物干す

6:18 就寝

さらに、しっかり寝ればいいのに9:15起床。

3連休で天気がいいのはこの日(7月17日(日))だけだと知って出かけるつもりだった私。
いくら何でも無謀だわ、とボロ雑巾みたいな体を引きずって感じておりました。

でも、予定しちゃってたから12:00からホットヨガスタジオでピラティス

…の前に、梅ジャム作ってたわw

梅ジャム

13:30に帰宅、14:00に図書館〜買い物して帰ってきたのが16:00。

そこからテルやんさん(夫)のためにゼリー作りつつブログ執筆。

夜はまた、洗濯。

この、洗濯が終わるのを待ってる間が眠気のピーク。
干し終わってすぐに寝落ちました。

一応3時間くらいは寝たものの、徹夜は体に悪いよ、というのを実感する2日間でした😅

未来ー現在ー過去

何年も前から手帳の使い方をあれこれ悩んでおります。

8年ほど前に雑誌の特集で取材してもらったことがあるのに、当時の手帳術と比べると、だいぶシンプルに…(←普通、悩んで工夫するものって良くなってくんじゃないの?w)

夢を叶える手帳術で、なれると思ったものになるつもりだった。

結局何者にもなってない現状、なにもできてない自分が歯がゆくてウダウダ言うと

『なるための行動すればいいだけじゃん』

とテルやんさん(夫)に言われそうなので、とりあえずやれることから少しずつやってるんですけどね。

今度こそ、夢を叶える手助けをしてくれるかも、と手に取ったのがこちら。

びっくりするくらいシンプルデザインの表紙!

1ページめくったら

『本書で紹介するのはシンプルで楽しく、効果が大きい手帳術』

の一文。シンプルウェルカム。

今まで読んだ手帳術の本は、経営者だったりその道で成功した、みたいな人が書いたもの。

誤解されそうな表現ですが、この本を書いたのは普通のビジネスマン。
同じ目線で書いてくれてる気がして、すごい入ってきやすかったです。(それでも出版社のデスクさんなので、比べちゃうと月とスッポンですが…)

タイトル通り、予定管理のためじゃなく、書いたことを振り返って未来に生かしましょう、という手帳術。

自分の書いたものって、読み返したくないんですよねー。
読みにくいのも去ることながら、つい後ろ向きなこと書くからうんざりしちゃって。

過去の自分のことなんだけど、コイツ

「私ってダメな女なのよー」

って、同情買いたがるかまってちゃん女子みたいでキモい、って思っちゃうwww

そこは、やっぱり書き方の工夫が必要なんですね。

元記者さんらしく、毎日一行マイニュースという、新聞の見出しみたいなのを書きましょうと言うのがあるんですが、どんなに悪い1日もポジティブ表現に変えて書きましょう、と紹介されてました。

例えば、飽きっぽい→好奇心旺盛、すぐ忘れる→リセットのカリスマ。

初歩的なミスを犯した→弘法も筆の誤り、は、決してポジティブじゃないかもしれないけど、ネガティブ表現より全然読める。

そういえば、メンタルコーチつけてたとき

『普段からプラスの言葉に置き換えることを意識してみて』

って言われたんだったなぁ。

中でも1番読んでよかった‼️と思ったのは、夢100リストについての説明。

やりたいことを100個書き出す、と言う行為(?)は割とよくある手法のようで、どこでもかしこでも見かけるんです。

それがいちいち

“叶ったこととして書く”

と紹介されてるのが気に入らなかった。

例えば

『イタリア旅行行った』

『お金持ちになった』

……いや、なってねぇ‼️

終わってないことを過去形にするの、気持ち悪くて嫌なんです。

→嫌なことはだんだんやらなくなる。

→リストがようやく半分くらい埋まったところで破って捨てる、の繰り返しでした。

100リストをどういった語尾にするかという「語尾問題」は論者により、さまざまな見解があります。〜略〜 好みの問題だと考えます。自分の感覚にフィットする表現で書くのが一番いいでしょう。〜97ページより

〜すべき、と書かれていたら、そうしなければならない理由があるんだと思う。だから、ルールに従ってた。

けど、どんな書き方でもよかったんじゃん(泣)。

夢に向かうための目標の書き方、途中経過の振り返り方だけじゃなく、色ペンやマスキングテープの使い方なんかも書いてあります。

著者の伊藤さん、どんなおぢさまか分かりませんが、マステでデコる、って書いてあった🤣カワイイ

持ち歩きたくなる手帳、毎日見たくなる手帳にするっていうことも大切な要素なんですね。

とりあえず本の内容を参考に、目標を書くページ、夢100リスト用のページなどを準備しました。

次の夢、まだ見つかってないけど、それを見つけるためにもリストを埋めていって、なりたい自分になろうと思います。