にじいろふうせん

バルーンアート活動のいろいろを書いています。

バルーンアートの作り方〜カエル編②Part.1

1本で作るカエルは以前に紹介していますが、今回は複数本使った、もう少し大きいカエルです。

目も風船で作っています。

カエル(Frog)

準備するもの

  • 260サイズの風船(顔・体用) 2本
  • 260サイズの風船(目用)白 1本
  • 350サイズの風船(お腹用)白 1本
  • 160サイズの風船(目玉用)黒 1本

顔・体用の風船以外はたくさんは使いません。260・350の白は膨らませて20cm分、160の黒は半分あれば充分です。

作り方①風船に空気を入れ指を作る

バルーンアートのカエル

顔・体用の風船は1本は15cm程度、1本は12cm程度残して空気を入れます。

15cm程度残した方から使っていきます。

結び目側を握りつぶして中の空気を後ろへ送ってから、2cm程度の丸を作ります。(中の空気を後ろへ送るのは、あとからピンチツイストにするときに割れるリスクを減らすためです)

バルーンアートのカエル

次の部分も同じように握ってから、中の空気量の少ない2cmの丸を作ります。

2個めの丸から先にピンチツイストにしていきます。

2個めの丸以外を片手で持ち、反対の手の中指の横・親指で2cmの丸を挟みます。人差し指は真ん中に差し込みます。

親指と中指は寄せ合いながら、人差し指は外側へ引きながら回すとピンチツイストが作れます。(写真の矢印を両方向に付けていますが、どちらか回しやすい1方向へ回してください)

ピンチツイストの詳しいやり方については、下記リンク先の記事を参考にしてください。

1個めの丸もピンチツイストにします。

風船の口を結んだ結び目を、根元のひねり目と合わせていきます。

バルーンアートのカエル

風船の口を引っ張って合わせようとするとピンチツイストの形が歪むので、結び目とひねり目が1つに合わさるようにしっかりと引き寄せてください。

結び目を押さえて風船の口を引っ張り、1〜2周巻きつけて形を固定させます。

このとき、2個のピンチツイストの周り・間、と通る道を変えておくと、よりほどけにくくなります。

バルーンアートのカエル

同じ容量であと2個(合計4個)ピンチツイストを作ります。

4個作り終えたら、横並びになるように位置を整えておきます。

作り方②顔を作る

260と350の白に15〜20cm程度分だけ空気を入れて準備をしておきます。

バルーンアートのカエル

顔・体用の風船に①の続きで12cm程度の楕円形を1個作ります。(腕)続けて6cm程度の楕円形を1個作ります。(後頭部)

ここで260の白と合わせていきます。

顔・体用の風船のひねり目が戻らないように押さえたまま260の白をひねっていくのが難しい方は、後頭部と腕の間のひねり目は一旦ほどいても大丈夫です。

バルーンアートのカエル

260の白に結び目のある方から、3〜4cmの丸を1個作ります。(目)

顔・体用の最後のひねり目と一緒にひねり合わせます。

後頭部と腕の間のひねり目をほどいた方はもう一度ひねり直し、顔・体用の風船にもう1個6cm程度の楕円形を作って、2個のひねり目を片手で一緒に持ちます。

反対の手で2個の楕円形を一緒に持ちます。

ぞうきん絞りの要領で左右の手を反対方向へ回して、ひねり合わせます。

この作り方はロックツイストと言います。ロックツイストの詳しいやり方については別の記事をご覧ください。

バルーンアートのカエル

260の白の口の結び目をロックツイストの根元と合わせていきます。

このとき、風船の口を引っ張って合わせようとすると隙間ができてしまいます。

結び目をひねり目に押さえ、口を引っ張って1周巻きつけてから端をロックツイストの間に隠すようにしてください。

バルーンアートのカエル

260の白に先に作ったものと同じサイズ(3〜4cm)の丸を1個作ります。

白と頭の間にねじ込むようにして白と並ぶ位置へもっていき、ひねり目をロックツイストの根元に絡めて留めます。頭のロックツイストと互い違いになってしまうと後から直すのが面倒です。位置に気をつけてください。

バルーンアートのカエル

260の白の残りは使いません。
空気の入っている終わりのところをしっかりと握り、膨らんでいないところで切ります。

根元までゆっくり空気を抜きます。手を離して勢いよく空気を抜いてしまうと割れたり、ほどけることがあるので気をつけましょう。

バルーンアートのカエル

端は1周巻きつけてから2cm程度残して切り、ロックツイストの間に押し込んで隠します。

作り方③目玉を付ける

160サイズの黒に空気を入れます。

5cm程度のところでひねり目を作って口側の空気を抜く、というのを2回ほど繰り返し、空気の入っていないところを作ります。

手を離してしまうと口側に空気が動いてきます。空気を抜いた後もしっかりと握っておいてください。

バルーンアートのカエル

ピンチツイスト2個分(4〜5cm)を残して空気を抜き、真ん中にひねり目を作ってから空気の入っている終わりのところ同士を結び合わせます。
風船の口を結ばず進めていますが、空気が抜けないよう持ち続けるのが大変な方は一度結んでから行ってください。

2個の丸がロックツイストの形になります。これをピンチツイストに変えていきます。

バルーンアートのカエル

両方の丸を両手の3指(親指・人差し指・中指)でつまんで、両手を反対方向へ回すと2個とも一気にピンチツイストにすることができます。

このままだと手を離すとひねり目が戻ってしまうことがあるので、どちらか一方の端を引っ張って1周巻きつけ、両端を結び合わせて固定しておきます。

バルーンアートのカエル

先端側の風船が長く残っていると思うので、口側と同じくらいの長さで切っておきます。
動画と同じように半分に切って使った場合、切らなくても大丈夫そうな長さにはなりますが、先端に近いところを切るようにしてください。膨らんでいないところに少しだけ空気が入ったままだと、うまく隠せない場合があります。

黒の端を後頭部の真ん中から前に向かって通します。このとき、引っ張ってピンチツイストをひねり目につけないように、ゴム状の部分は長くしておいてください。

バルーンアートのカエル

目と頭の間のひねり目に1周巻きつけたら、端をロックツイストの間に隠しておきます。

黒の反対の端を目と腕の間のひねり目に巻きつけます。

こちらも、引っ張りすぎてピンチツイストがひねり目に近づかないように気を付けてください。

ひねり目に1周巻きつけ、端をロックツイストの間に隠します。

バルーンアートのカエル

黒のゴム状の部分は白の間に押し込んで隠してください。このとき、端からピンチツイストの間が狭くなっているとうまく隠せないことがあります。

目玉のピンチツイストは横並びにします。
目の白の形が歪んでいたら、2個を離すような感じで引っ張って位置を調整し、同じような形に整えておきます。

作り方④手を仕上げる

バルーンアートのカエル

顔・体用の風船に先に作った腕と同じ長さ(12cm程度)の楕円形を1個作ります。

続けて指を作ります。

最初と同じようにピンチツイストを作ってください。

最後の1個(4個め)のピンチツイストだけ、作り方を変えています。

普通にピンチツイストを作ってから空気を抜くやり方でも問題ありません。これは私が好んでやるやり方なので、一例として紹介しています。

バルーンアートのカエル

3個めまでは作り方①で説明したピンチツイストの作り方で作ります。

4個めはひねり目を作らず、先に空気を抜きます。空気の入っている終わりのところをしっかり握り、先端に小さく切り目を入れ、ピンチツイスト1個分だけ残して空気を抜きます。

空気の入っている終わりのところをピンチツイストの根元に押し付け、先端を引っ張って2〜3周巻きつけて止めます。

端は切らずに残してください。あとで腕の開きを調整するために使います。

ピンチツイストの位置を横並びになるよう整えたら、手は完成です。

★──────────────────★

これまで作り方解説は1記事で完結できていましたが、さすがに今回は収まりそうにありません😅

ので、Part.2へ続きます……

足は拘束しないでね

5月のバルーンアート教室@カルチャータウンリーフウォーク稲沢校さんは、カメレオンを作りました。

バルーンアートのカメレオン

実はこのところバルーンアートの作り方動画を作りまくってたので、カメレオン用の動画も作成済み。

順次予約投稿してるので公開は8月になりますが、私の中では作り方が固まってる作品になってくれてます。

教室では、いつもなら

「このぐらい」

と指示するところを

「10cmと…ここは8cmで…」

なんて具体的に言い出すから、生徒さんの顔に?が見えましたよ(笑)

ブログも書き終えてたので印刷して生徒さんに渡そうかとも思ったんですが、A4サイズで10枚とかになりそうだったので断念。

『作り方覚えられない』

っていつも言われるから、レジュメあった方がいいよねーって思ったんだけどさ。ちょっと多過ぎよね💦

ここ見てくれたらいいんだけど…多分、ブログ読んでないだろうしなぁ😅

現在、受講してくれてるのは3名の生徒さん。

それぞれ得意不得意も違うし、作るスピードも違います。

なので、ある程度説明したら、遅い生徒さんに合わせるようにしてるんです。

動画では片足ずつ説明してたんですが、片足作ってる途中で割れた生徒さんに合わせてる間に、他のお二人が両足の片側ずつ作ってくれてたので、両方とも体に取り付けてから説明を続けてしまったんです。

そしたら、まったく予想できなかったんですが、前足と後ろ足を繋いでしまった方がいまして😱

作り方動画作ってる私は、当然、その作品が問題なく作れます。

つまり、どこでミスをするか、どこが分かりづらいか、どこが作りづらいかが想像しきれません。

こういうことあるから、動画はバルーンアート教室で教えてから作った方が良いのかなーと悩むところ。

どっちが先でも、メリット・デメリットありますね。

バルーンアートのカメレオン

生徒さんがサクサク作ってくれて時間が余ったので、おまけでスイカも作りました。
カメレオンの餌としては相応しくない作品ですw

動画でも教室でも、一生懸命お伝えしてます。

教室は毎月第4土曜日開催、動画は毎週土曜日更新です。

どちらもご興味ございましたら、よろしくお願いいたします。

バルーンアート講座@リーフウォーク稲沢校】

講 師:にじいろ風船師みずき

開講日:毎月第4土曜日 10:30~11:30

受講費:1,600円/月(1Day受講1,800円/1回)

教材費:300円/1回

体験受講(30分間)の場合:受講料 500円

対 象:小学3年生~大人(小学2年生以下は大人の付き添いがあれば可)

お問い合わせ☎080-9153-4030

愛知県稲沢市長野7丁目1-2リーフウォーク稲沢2F

URL:http://ameblo.jp/crinazawa/

バルーンアートの作り方〜パンダ編

1本で作るクマの作り方を応用したパンダです。

パンダ(Panda)

準備するもの

  • 260サイズの風船 白・黒 各1本

バルーンアートのパンダ

作り方①白の風船に空気を入れ、顔を作る

260サイズの白の風船に40cm程度分だけ空気を入れます。

結び目側から6cm程度の丸を2個作ります。(顔中心)

2個目のひねり目に風船の口の結び目を合わせます。

バルーンアートのパンダ

風船の口を引っ張って合わせようとすると隙間ができてしまうので、必ず、ひねり目と風船の口の結び目を一つにまとめるようにしてください。

結び目を押さえたまま風船の口を引っ張って1周巻きつけ、2個の楕円形の間を通して反対側へ出しておきます。こうすると手を離してもほどけなくなります。

バルーンアートのパンダ

続けて、8cm程度の楕円形を3個作ります。(顔周り)。

8cmの楕円形が三角になりました。

この三角のなかに6cmの2個の楕円形を入れていきます。

ロックツイストの真ん中のひねり目が三角の真ん中に来る位置まで押し込んでください。

作り方②耳を作る

バルーンアートのパンダ

260の黒に空気を入れ、3cm程度分だけ残して空気を抜きます。

風船の口を結ばずに進められる方はそのまま、口を白の8cmの楕円形の間のひねり目に引っかけます。

空気が抜けないように口を持ち続けるのが大変な方は、無理せず口を結んでから行ってください。

空気の入っている終わりのところと口を結び合わせ、ピンチツイストのような形にします。

端を1cm程度残して切ります。

バルーンアートのパンダ

あまり短く切ってしまうと、端を押し込んで隠そうとしても外にはみ出してくることがあります。

切った残りに空気を入れ、同じように3cm程度分だけ空気を残し、白のもう1個のひねり目に口側を引っかけます。

空気の入っている終わりのところと口を結び合わせ、ピンチツイストのような形にし、1cm程度残して切ります。

端を8cmの楕円形の間に押し込み、外の出てこないように隠しておきます。

これで顔の形が出来上がりました。

作り方③体を作る

バルーンアートのパンダ

黒の残りに15cm程度空気を入れます。

口を結ばず首元のひねり目に1周巻きつけ、端を顔の間を通して反対側へ引き出して止めます。(口を持ち続けるのが大変な方は、無理せず口を結んでから行ってください)

黒で3cm程度の丸を1個(手)、4cm程度の丸を1個(足)作ります。

バルーンアートのパンダ

白で6cm程度の楕円形を1個作ります。(お腹)

黒の2個めのひねり目と白のひねり目を一緒にひねり合わせます。

今度は逆の順番で、黒で手足を作ります。

先に4cm程度の丸を1個(足)、次に3cm程度の丸を1個(手)作ります。

バルーンアートのパンダ

ひねり目を首元のひねり目に絡めて留めます。

続けて、黒でお腹と同じ6cm程度の楕円形を1個作ります。(背中)

お腹と背中の楕円形で手足を挟むように、黒と白の最後のひねり目同士をひねり合わせていきます。

黒と白の6cmを隣り合う位置でひねってしまうと、あとから直すのが面倒になります。

位置を間違えないよう気をつけてください。

バルーンアートのパンダ

残りは使わないので、切っていきます。

まずどちらか1本の空気の入っている終わりのところをしっかりと握り、空気の入っていないところで切ります。

根元までゆっくり空気を抜きます。手を離して勢いよく空気を抜いてしまうと割れたり、ほどけることがあるので気をつけましょう。

バルーンアートのパンダ

端を背中とお腹・手足の間を通して反対側へ引き出しておくと、仮止めすることができ、もう1本の処理をしやすくなります。

もう1本も同じように空気を抜いたら、先に空気を抜いた方と結び合わせます。

端は背中とお腹の間に押し込んで隠します。長すぎるようでしたら切ってください。

作り方④形を整え、顔を描く

バルーンアートのパンダ

パンダの色は厳密に言うと、首の下あたりがマフラーを巻いたようにぐるっと1周黒くなっています。

それを再現するのが難しいので、お腹を白・背中を黒の配色で作りました。

なので、白の6cmが前にくるようにしてください。

顔はどちらの面も同じ形になっているので、見栄えが良さそうな方を前にしてください。

この写真では首元に風船の端が見えていたので、隠れる位置に押し込んでいます。

他の部分でも表面に出ているところがあったら、隠すようにしてください。

バルーンアートのパンダ

顔の1個めと3個めの8cmの楕円形に目を描きます。左右均等な位置・大きさになるように描きましょう。楕円形でハの字になるように描くと、パンダっぽさが増します。

真ん中の6cmの楕円形に鼻と口を描いたら完成です。

実はこのパンダの作り方、今回撮影するまで背面がおかしなことになってました😅

一筆書きにこだわりすぎた結果だったことは明白なんですが、再検討して良かったと思っています。

先日ご紹介したライオンの別の作り方も発掘したりして、1度考えたら終わり、と思ってちゃダメだなーと気づいた次第です。

260の黒をいちいち切らないといけないあたりは面倒ですが、難易度はそれほど高くないと思います。ぜひ作ってみてください♪

バルーンアートの作り方〜ライオン(ちび)編

ちんまいライオンです。手のひらサイズです。

ライオン(Lion)

準備するもの

  • 260サイズの風船(顔・耳・体用) 1本
  • 260サイズの風船(たてがみ用) 1本
  • 160サイズの風船(目用)黒 1本

バルーンアートのライオン

160の黒はあまりたくさん使わないので、1/3もあれば充分です。

たてがみ用の風船は、40cm程度分空気を入れておきます。

作り方①目と耳を作る

目の作り方から説明していきます。

160サイズの風船に空気を入れ、2〜3cm程度(片目分)残して空気を抜きます。

バルーンアートのライオン

空気の入っている終わりのところ同士を結び合わせ、ピンチツイストのような形にします。

8cm程度残して切り、切ったところから空気を入れます。このとき、先に結んだところから膨らむことがあるので、真ん中をつまんで口側に空気が入るようにします。

バルーンアートのライオン

先ほどと同じように2〜3cm程度だけ残して空気を抜き、空気の入っている終わりのところ同士を結び合わせて、ピンチツイストのような形にします。

真ん中の繋がった2個の丸(目)ができました。

同じ要領で耳を作っていきます。

顔・体用の260(ここでは黄色)に空気を入れ、3cm程度(片耳分)残して空気を抜きます。

バルーンアートのライオン

空気の入っている終わりのところ同士を結び合わせて、ピンチツイストのような形にします。

こちらも8cm程度残して切り、切ったところから空気を入れます。先に結んだところから膨らまないように真ん中をつまみ、口側に空気が入るようにします。

3cm程度だけ残して空気を抜き、空気の入っている終わりのところ同士を結び合わせて、ピンチツイストのような形にします。

真ん中の繋がった2個の丸(耳)ができました。

バルーンアートのライオン

作り方②顔を作る

耳で使った260の切った残りに、10cm程度残して空気を入れます。

4cm程度の楕円形を3個作ります。(顔)

最初のひねり目と最後のひねり目を片手で持ち、反対の手で2個の楕円形の塊を持ちます。

ぞうきん絞りの要領で左右の手を反対方向へ回し、ひねり合わせます。(2個めと3個めの楕円形が組み合わさります)

この作り方はロックツイストと言います。ロックツイストの詳しいやり方については別の記事をご覧ください。

バルーンアートのライオン

ロックツイストと1個めの楕円形をひとまとめにします。

目と耳を挟んで、風船の口の結び目をロックツイストの真ん中のひねり目と合わせます。

残りの風船が繋がっている方が後ろです。目と耳の順番を間違えないように注意してください。

風船の口を引っ張って合わせようとすると隙間ができてしまうので、必ず風船の口の結び目をロックツイストの真ん中のひねり目と合わせるようにしてください。

結び目を押さえて風船の口を引っ張り、ロックツイストの間に通します。そのまま外側へ引き出すとひねり目に1周巻き付けた形になります。

バルーンアートのライオン

このとき、ひねり目と結び目が離れてしまったら、また近づけ直してください。端はロックツイストの別の間に押し込んで隠します。

作り方③たてがみを作る

たてがみ用の風船に結び目のある方から3cm程度の丸を1個作ります。

次の部分を握って中の空気を後ろへ送ります。ピンチツイストにする部分なので、中の空気量を少なくして割れるリスクを減らすためです。

バルーンアートのライオン

空気の量の少ない3cm程度の丸を1個作ります。

3cmの丸以外を片手でつかみ、反対の手の親指・中指の横で3cmの丸を挟みます。

人差し指は真ん中に差し込みます。

中指と親指は寄せ合いながら、人差し指は外側へ引きながら3cmの丸を回すとピンチツイストになります。(写真は両方向に矢印をつけていますが、どちらか回しやすい1方向へ回してください)

ピンチツイストの詳しいやり方については別の記事を参考にしてください。

バルーンアートのライオン

3cmの丸とピンチツイストの組み合わせをあと4個(合計5個)作ります。

風船の口の結び目を5個めのピンチツイストの根元に合わせます。

風船の口を引っ張って合わせようとすると緩いことがあるので、必ず結び目を根元に持っていくようにしてください。

結び目を押さえて口を引っ張り、1〜2周巻きつけて輪になったところの間を通して反対側へ引き出しておくと、しっかりと固定できます。

残りは使わないので空気を抜いていきます。

バルーンアートのライオン

空気の入っている終わりのところをしっかりと握り、空気の入っていないところで切って、根元まで空気を抜きます。手を離して勢いよく空気を抜いてしまうと割れたり、ほどけることがありますので、根元までゆっくり抜くようにしてください。

風船の口を引っ張り出して結び合わせておくと、しっかりと固定することができます。

端が長く残っていたら、ピンチツイストの間に隠れる長さに切っておきます。

作り方④たてがみを取り付け、体を作る

黄色(顔・体用の風船)の先端をたてがみの真ん中の輪に通します。

バルーンアートのライオン

たてがみが止まるところ(顔につくところ)まで入れてください。

そこから3cm程度の丸を2個作ります(前足・前足)。

この2個の丸をロックツイストにしていきます。たてがみが邪魔するので作りづらいと思いますが…頑張って!

バルーンアートのライオン

2個めのひねり目を顔の根元に押しつけるようにし、反対の手で2個の丸を回すようにすると作りやすいと思います。

続けて6cm程度の楕円形を1個(胴体)、3cmの丸を2個(後ろ足・後ろ足)作ります。

最初のひねり目と最後のひねり目を片手で持ち、反対の手で2個の丸の塊を持ちます。

バルーンアートのライオン

ぞうきん絞りの要領で左右の手を回し、ひねり合わせます。(2個めと3個めの丸が組み合わさります)作り方は②と同じロックツイストです。

残りの部分に3cm程度の丸になるようにひねり目を作り、アトをつけておきます。(アトを付けなくても加減できる方はひねらなくてもOKです)

作り方⑤しっぽを作る

先端に近いところを切り、アトを付けたところまで空気を抜き、結びます。

バルーンアートのライオン

結んだ先のゴム状の部分は長く残しておいてください。
ここを切って毛がまとまっているしっぽのようにしていきます。

先端までちゃんと切れるハサミを使ってください。

伸び縮みするので切りづらいと思います。
切り開かなくても充分しっぽに見えますので、切らずに仕上げていただいても大丈夫です。

写真では8本になるように切っています。

作り方⑥形を整える

バルーンアートのライオン

たてがみの結び目の部分を、目立たないように、顔の下側にします。

反対側(上側)に目と耳がくるようにします。

目や耳の結んだ先の端が外に出ていたら、押し込むか前から見えない位置に隠してください。

耳を綺麗なピンチツイストの形にできている方は、真ん中にシワが寄っていると思います。このシワが前から見える向きにしてください。

バルーンアートのライオン

整えの最初でたてがみの結び目を下に、と説明しましたが、顔を正面から見たときに、真ん中にピンチツイストがきたほうがいいか、丸がきたほうがいいかをお好みで決めていただき、位置を調整してください。

たてがみのピンチツイストはすべて縦向き(正面からシワが見えない向き)に揃えます。

前足は、横から見たときに丸が1個だけ見える向き(ロックツイストの溝が見えない向き)にしておきます。

その後ろに胴体、後ろ足と続きます。

バルーンアートのライオン

後ろ足が上側に来ていたら、前足と同じ向きで、胴体の下側にくるようにしてください。

全体を整えられたら完成です。

作品を考えるとき、配色などはイラスト検索をして参考にしています。

今回は黄色と茶色の組み合わせで作りましたが、顔・体をオレンジ、たてがみを焦げ茶色で描かれたイラストもありました。

色の組み合わせも、あれこれ試してみてくださいね♪

バルーンアートの作り方〜カラス編

初めて作った時は足を黄色にしてたんですが、画像検索するとグレーっぽい。

なんだったらクチバシも黄色っていう感じではないんですが、まぁ、イメージ重視です😅

イラスト検索すると足が黄色のものもありますし、そのあたりは自由に変えましょう!

カラス(Crow)

準備するもの

  • 160サイズの風船 黒・黄色 各1本
  • 260サイズの風船 黒・白 各1本

バルーンアートのカラス

160サイズの黄色と260サイズの白はあまりたくさん使いません。半分あれば充分です。

作り方①クチバシを作る

260の黒に12cm程度残して空気を入れます。

できる方は風船の口を結ばないで持ったまま、160の黄色に20cm程度空気を入れます。

黄色も口を結ばず、そのままダイレクトに黒と結び合わせます。

それぞれの口を結んでから結び合わせると、結び目が3個になります。結び目が増えると隙間ができてしまうので、それを防ぐためのやり方です。

口を結ばず、空気が抜けないように持ち続けるのが大変な方は、無理せず結んでから行ってください。

バルーンアートのカラス

160の黄色の結び合わせ側を握りつぶして中の空気を後ろへ送ってから、2cm程度の丸を作ります。(中の空気を後ろへ送るのは、ピンチツイストにするときに割れるリスクを減らすためです)

丸以外を片手で持ち、反対の手の中指の横・親指で2cmの丸を挟みます。人差し指は真ん中に差し込みます。

バルーンアートのカラス

親指と中指は寄せ合いながら、人差し指は外側へ引きながら回すとピンチツイストが作りやすいと思います。

写真で矢印を両方向につけていますが、回しやすい1方向へ回してください。

続けてもう1個、同じようにピンチツイストを作ってください。

ピンチツイストの詳しいやり方については、下記リンク先の記事を参考にしてください。

4cm程度の楕円形を1個作ります。(クチバシ下側)

クチバシの上側用に6cm程度の楕円形を作ります。これはクチバシが少し前下がりになるサイズを目安にして長さを決めてください。

バルーンアートのカラス

2個めのひねり目をピンチツイストの根元に巻きつけるようにして留めます。

黄色はここまでしか使わないので、空気を抜いていきます。

空気の入っている終わりのところをしっかりと握り、空気の入っていないところで切って、根元まで空気を抜きます。手を離して勢いよく空気を抜いてしまうと割れたり、ほどけることがありますので、根元までゆっくり抜くようにしてください。

バルーンアートのカラス

黄色の風船の口を引っ張り出して結び合わせておくと、しっかりと固定することができます。

端が長く残っていたら、ピンチツイストの間に隠れる長さに切っておきます。

作り方②目を作る

白の260に空気を入れます。

空気量を調整して、片目に使う分(3cm程度)だけにしてください。

バルーンアートのカラス

空気の入っている終わりのところ同士を結び合わせて、ピンチツイストのような形にします。

8cm程度残して切り、切ったところから空気を入れます。このとき、先に結んだところから膨らむことがあるので、真ん中をつまんで口側に空気が入るようにします。

バルーンアートのカラス

先ほどと同じように3cm程度だけ残して空気を抜き、空気の入っている終わりのところ同士を結び合わせて、ピンチツイストのような形にします。

真ん中の繋がった2個の丸ができました。

作り方③顔を作る

260の黒に6cm程度の楕円形を2個作ります(顔・後頭部)。

バルーンアートのカラス

この2個の楕円形をロックツイストにするときに、目を挟んでいきます。

2個めのひねり目を黄色と結び合わせたところに巻きつけるようにして留めます。

このロックツイストを囲むようにループツイストを作ります。

まず、風船を巻きつけるようにしてサイズを決めます。

ちょうどの場所でひねるとゆるくなってしまいます。ロックツイストをしっかり固定するため、あえて少し小さいサイズに(1cmくらい短く)して作ってください。

ひねり目を作るときは一度ロックツイストから離し、決めたサイズになるように輪の形に折り曲げてからひねります。

バルーンアートのカラス

伸ばしたままひねり目を作ると、中の空気量が多すぎて割れるリスクが上がります。必ず折り曲げてからひねり目を作るようにしてください。

ひねり目を結び合わせたところに巻きつけるようにして留め、ループツイストを固定します。

ループツイストの詳しいやり方については、下記リンク先の記事を参考にしてください。

輪の中にロックツイストを入れます。ロックツイストの真ん中のひねり目がループツイストの真ん中にくるくらいまで押し込んでください。

バルーンアートのカラス

次に顔を支えるためのピンチツイストを作ります。

ぎゅっと握って中の空気を後ろへ送ってから、3cm程度の丸を作ります。

ここは先ほどと同じやり方だと作りづらいと思います。

片手でひねり目を根元に押さえつけ、反対の手の親指・人差し指・中指で丸をつまんで回すようにするとやりやすいと思います。

クチバシや顔の向きがおかしくなっていると思いますが、体を作っていくときに崩れることもありますので、気にせず進めてください。整えは最後に行います。

バルーンアートのカラス

作り方④体を作る

12cm程度の楕円形を2個作ります(背中および羽)。

2個めのひねり目をピンチツイストの根元のところに巻きつけるようにして留めます。

2個の12cmがロックツイストになります。

次に10cm程度の楕円形を1個作ります。(お腹)

バルーンアートのカラス

ひねり目を、先ほど作った12cmのロックツイストの真ん中のひねり目に絡ませて留めます。

残りの部分はしっぽになります。

作り方⑤足を作る

160の黒に20cm程度空気を入れて、結びます。

バルーンアートのカラス

中の空気を後ろへ送ってから、空気量の少ない2cm程度の丸を2個作ります。

2個ともピンチツイストにしますが、先に2個めからピンチツイストに変えていきます。

1個めのピンチツイストは風船の口の結び目を根元と合わせるようにして形を作ります。

風船の口を引っ張って根元に絡めようとすると、ピンチツイストの形が歪みます。写真に❌をつけましたが、風船が黒いので分かりづらいですね…😅

バルーンアートのカラス

風船の口の結び目をピンチツイストの根元に押さえつけ、風船の口を引っ張って1〜2周巻きつけて固定してください。

あと2個、合計4個のピンチツイストを作ります。(指)

体と見比べて、足の長さを決めます。写真ではだいたい6cm程度で作っています。

バルーンアートのカラス

一度ひねってアトをつけておきます。

空気の入っている終わりのところをしっかりと握り、その近くの空気の入っていないところで切ります。

先ほどアトをつけたところまで空気を抜き、結びます。

空気の入っていないところは長いまま残しておいてください。あとで結び合わせるときに使います。

バルーンアートのカラス

切った残りに空気を入れ、もう片方の足を作っていきます。

口側に空気の入っていないところを少し長めに残したいので、5cm程度のところをひねるか強く握り、口側の空気を抜きます。

つまんだ手を緩めると空気が上ってきてしまうので、しっかりと押さえたまま結ぶようにしてください。

先に作った足と、空気の入っていない部分がだいたい同じ長さになるように結び合わせます。

目を作った時と同じように、膨らんだ風船の間に空気の入っていない部分が繋がった形になります。結び合わせたところが端に寄っていると体の外にはみ出してしまうので、結び目の位置に注意しましょう。

先ほどとは逆順に足を作っていきます。

バルーンアートのカラス

6cm程度の楕円形を1個、ピンチツイストを4個、の順で作ります。

最後のピンチツイストは作り方を変えています(同じやり方でも大丈夫です)。

3個めまでピンチツイストが作れたら先端に切り目を入れ、ピンチツイスト1個分だけ残して空気を抜きます。

空気の入っている終わりのところをピンチツイストの根元に合わせ、ゴム部分を引っ張って2〜3周巻きつけて留めます。

長く残ったゴム部分は後から使うので、切らないようにしてください。

作り方⑥体に足を取り付ける

背中(12cmのロックツイスト)とお腹(10cmの楕円形)の間に足を挟みます。

バルーンアートのカラス

両足を結び合わせたところからゴム部分が長く残っていたら、外にはみ出ないように切っておきます。

このままだと足が開いたままになってしまうので、ピンチツイストから出ているゴム部分を反対の足のピンチツイストに2〜3周巻きつけて閉じていきます。

バルーンアートのカラス

ゴム部分が長く残っていたら、ピンチツイストに隠れる長さに切っておきます。

ピンチツイストは縦向き(下から溝が見えない向き)にして、同じ高さに揃えておきます。

足の位置は真ん中より後ろ目、尻尾に近い位置にしておきます。

作り方⑦形を整える

バルーンアートのカラス

黒のピンチツイストを下顎の位置で支えにして、顔を足と反対側(上側)にします。

クチバシは黒のピンチツイストとロックツイストの間に持っていきます。

黄色のピンチツイストは左右に1個ずつになるように、その間に長い方の楕円形が上になるようにクチバシを挟みます。

目(260の白)はお好みの位置にして、端が表に出ないよう押し込んで隠しておきます。

バルーンアートのカラス

作り方⑧目を描く

白の260の丸に片目ずつ描いていきます。

左右均等に、同じ大きさになるように描きましょう。

バルーンアートのカラス

これで完成です。

作り方を紹介している作品は、なるべくレベル順にしようと思ってたんですが、だんだんわからなくなってきました😅

今回のカラスは、一足飛びに工程が多く・長くなったような気がしています…

最後まで読んでくださった方(いるんかな…)お疲れ様でした!

この先はどんどん情報量が多くなって、長くなっていく一方だと思います。

更新も週一をキープできないかもしれませんが、ご興味ございます方は引き続きお付き合いくださいませ♪

バルーンアートの作り方〜カニ編

左右対称に同じ工程を繰り返す作品です。

かに(Crab)

準備するもの

  • 260サイズの赤の風船(体用) 2本
  • 260サイズの白の風船(目用) 2本

バルーンアートのカニ

作り方①風船に空気を入れハサミと足を作る

赤の風船から作っていきます。

2本とも15cm程度残して空気を入れます。

結び目のある方から、6cm程度の楕円形を2個作ります。(ハサミ・ハサミ)

2個目のひねり目に風船の口の結び目を合わせます。

バルーンアートのカニ

風船の口を引っ張って合わせようとすると隙間ができてしまうので、必ず、ひねり目と風船の口の結び目を一つにまとめるようにしてください。

風船の口を引っ張って1周巻きつけてから、2個の楕円形の間を通して反対側へ出しておきます。こうすることでほどけなくなります。

バルーンアートのカニ

次の部分はピンチツイストにするので、ギュッと握って中の空気を後ろへ送ってから、空気量の少ない3cm程度の丸を1個作ります。

この丸以外を片手で持ちます。

反対の手の中指の横・親指で丸を挟み、人差し指を真ん中に置きます。

バルーンアートのカニ

中指と親指は寄せ合いながら、人差し指は外側へ引きながら丸を回すと、ピンチツイストになります。写真では矢印を両方向にしていますが、どちらか回しやすい1方向へ回してください。

ピンチツイストの詳しいやり方についてはリンク先を参照してください。

続けて3cm程度の丸を1個作ります。

次に、ループツイストを作ります。(足)先に輪の形に曲げて、大きさを決めてください。

バルーンアートのカニ

長いままの状態でひねり目を作ってから曲げると、中の空気量が多くなり、割れやすくなります。必ず曲げてからひねるようにしましょう。

幅6〜8cm程度の輪になるように、ひねり目の隣にひねり目を作ります。

2個のひねり目を片手で持ち、反対の手で輪を持ちます。

両手をぞうきん絞りの要領で反対方向へ回すと、ループツイストができます。

ループツイストの詳しいやり方については、リンク先を参照してください。

ここまでの工程をもう1本でも同じように作ります。

バルーンアートのカニ

作り方②胴体を作る

2本同じ物が出来上がったら、どちらか1本に10cm程度の楕円形を1個作ります。(胴体)

ひねり目をもう1本のループツイストの根元とひねり合わせます。

ひねり合わせる部分にひねり目を近づけておいて、片手で長く残っている部分を2本一緒持って回すと合わせやすいと思います。

バルーンアートのカニ

10cm程度の楕円形をあと3本作ります。合計4本で胴体にします。

残りは同じところから2本出ていると思いますが、必要な長ささえあれば、どちらを使っても構いません。

個人的には、2本目からはひねり目をひねり合わせるより、ループツイストの根元に巻きつけていく方がやりやすいと思っています。ローラーのように回しながら行ってみてください。

バルーンアートのカニ

10cm程度の楕円形を4本作り終えたら、残りは使わないので切っていきます。

空気の入っている終わりのところをしっかりと握り、空気の入っていないところを切ります。

そこからゆっくり空気を抜きます。

バルーンアートのカニ

手を離して勢いよく抜くと、割れたり、ほどけることがあります。そっと根元まで抜くようにしましょう。

端は胴体やループツイストの間を何度かくぐらせて留め、外にはみ出ないよう隠しておきます。残りが長すぎたときは切ってください。

作り方③目を作る

バルーンアートのカニ

260の白を2本、準備してください。半分に切って先端側を使います。

端の形状にこだわりのない方は、口側の半分も使ってください。この場合、白は1本だけで大丈夫です。

先端にだけ空気を入れられる方は、先端から3cm程度膨らませて、口に近いところを結んでおきます。

空気の入っているところの近くを結んでしまうと、目を立たせることができなくなります。必ず距離を空けて結んでください。

バルーンアートのカニ

口側からしか膨らませられない方は、まず全体に空気を入れてください。

口に近い方から空気を抜いていきます。

ただ手を離して空気を抜いていくだけだと、全体から少しずつ抜けるので、先端側の空気も抜けてしまいます。

バルーンアートのカニ

口に近い方からある程度のところを掴んで口側の空気を抜き、中の空気を先端側に押す、というのを何度か繰り返し、先端側だけ空気が残るようにします。

先に作った方に大きさを合わせるようにして、目用の風船を2個分作ってください。

作り方④形を整える

バルーンアートのカニ

目を取り付ける前に形を整えます。

胴体の4本の楕円形を同じ高さになるように揃えます。

最初にどこを正面にするか・上にするかを決めてください。

ループツイストは足になります。正面からは溝が見えない向きにします。

ループツイストの上に3cmの丸、ピンチツイスト、6cmの2個の楕円形(ハサミ)の順になります。

ハサミの向きはお好みで決めてください。必ずしも左右揃えなくてもいいと思います。私はいつも、好んでバラバラの向きにしています。

作り方⑤目の白を取り付けて、目を描く

白の260で作った目を、胴体の上の真ん中から差し込んで、長さを決めます。

バルーンアートのカニ

決めた長さが変わらないように押さえ、端をループツイストの根元に1〜2週巻きつけて留めます。

両方とも同じように取り付けて、バランスの良いところに整えてください。

取り付けられたら目を描いていきます。

バルーンアートのカニ

白の先端の丸い部分に片目ずつ描いてください。

目を描いたときに位置がズレたり、向きが変わってしまったら直します。

これで完成です。

バルーンアートの作り方動画は、実は何度も撮り直して作っています。(それでも完璧ではありませんが……)このカニの作り方も、記憶している限りで5回は撮影したはず。

そのボツにした他の動画を確認したところ、目をもっと短くしているものもありました。

今回は260の白で目を作っていますが、350で作っても違和感はありません。

色々試してみてくださいね♪

言い訳は美しくない!…けど。

ホールなんて名前がつくようなところでパフォーマンスする機会滅多にありませんので、ちゃんとした楽屋のある会場なんて、久々でした!

楽屋

昨年10月にできたばかりの箱だそうで、新しい匂いがしてましたよ❤︎

それだけでもテンション上がっちゃうけど、控室の鏡おっきいし、金庫まであるし、空気清浄機にトイレに姿見・ハンガーラック、ソファ、絵画‼️

全てに感動しちゃいました✨

そんな素敵待遇にも関わらず、ちゃんとパフォーマンスできなかったことが悔やまれて…

会場

というのも、ガラス張りのパフォーマンス会場、直射日光こそ当たらなかったものの、入った瞬間から暑かったんです。

そんな言い訳もしたくなかったんだけど、割れて段取りが狂って狂って💦

「この部屋風船が割れやすいんだよー」

ってお客様に言ってしまいました😅

せめて最後は、とトリネタだけはしっかりできたから良かったものの、段取りの悪いことったら…

お客様が温かく拍手くれたから良かったけど、そこに甘えてちゃいけないなと反省。

練習不足というより、割れにくい風船の色を検証すべきだったなと今さら思ってます。

同じ作品が、よく割れるんですよ。

コロナ前までやってたお客様に手伝ってもらうパフォーマンスで、カブトを作ってたんです。
これが、かっこいいからって黒で作ってたら、信じられないほど割れました。

熱を吸収する色なんだから当たり前なんだけど、やり始めたときはそんなことに気が回らなくて。

後に焦茶色に変えて黒ほど割れなくなりましたが、それでも真夏は苦戦したなぁ。

そして、最近割れるのが、青、なんです。

しかも、そんなに濃くない、人によっては『水色』って言われる青なんだけど。

これで作る魚が結構な確率で割れて、毎度曲に合わせられない。

屋外ならまだしも、この日は暑かったとはいえ室内なのに。

青っぽく見える風船って何種類か存在するので、カブトのときみたいに割れにくいものに変えなきゃな、と思ってます。

課題が見つかることは成長につながると思ってるので、私にとってはよき日になりました。

ホールスタッフの皆様、お世話になりました。

そしてお付き合いくださった皆様も、ありがとうございました‼️

にじいろ風船師みずき

おまけ。

楽屋の名札、ちゃんとあってて感動✨←よく間違えられますw

ありがとうございましたー!